アブラサス・abrasus【小さい財布】のレビュー…良いとこ悪いところ!

ライフハック的アイテム…小さい財布『abrasus・アブラサス』

こんにちは!!

わたくし森と申します。

最近、ライフハック的アイテム小さい財布『abrasus・アブラサス』を手に入れました。

ちょっとそこまで出かける時や、冠婚葬祭などで大きなバッグを持ち歩けない時などに非常に便利なのがコンパクトサイズの小さい財布です。

手軽に持ち歩ける上に軽量でかさばらないので、一つ持っておくと何かと役に立ってくれるものです。

小さい財布というと、小銭入れのようなものをイメージする方も少なくありませんが、『アブラサス・abrasus』はそういったイメージを大きく払拭させるデザインになっています。

小銭入れだけでなく、お札やカードまで入れられるのに、そのサイズはクレジットカードとほぼ同じくらいの大きさしかありません。

手の平にすっぽり収まるサイズにも関わらず、お札は曲げずに入れられますし、カード類も5枚まで入れられるので収納力も申し分ありません。

是非、皆さんにもそのレビューをご紹介したいと思います。

小さい財布『アブラサス・abrasus』とは?

小さい財布の代表的存在のアブラサスは、その名の通り、

・手の平に収まるサイズの財布

でありながら、かつ

・小さいながらも紙幣や硬貨をしっかり収納

する事が出来る財布です。

アブラサスは英語でabrasus表記されますし、こちらで認識されている人も多く、海外からも注目される小さい財布なのです。

また、2014年度のグッドデザイン賞を受賞しているので、実用性だけでなくデザイン性をも兼ね備えた小さい財布といえるでしょう。


アブラサスの設計の良さは、

・カードサイズの大きさと同等の小さい財布

・デザインの良さを損なわない

の二点が挙げられます。

更には、実用性を損なわないように使い勝手も考えられているので、私みたいに沢山の物を持ち歩きたくない人に適しています。

これまで、従来の小さい財布といえば、小さいだけで収納力が乏しかったり、見た目やカラーバリエーションが限定される事が多くありました。

しかし、アブラサスは通常カラーが6色展開されているので、お洒落を優先して選ぶ目的にも応えてくれます。

小さい財布が欲しい!……でもデザイン性を損ねたくないのであれば、abrasusが一番の選択肢でしょう。


アブラサスの特徴の一つである色は、どのようなコーディネートにも合うクロを始めとして、ありそうでなかなか見つからないライトグレー、落ち着いた色合いのキャメルなども人気があります。

濃い青色が魅力的なネイビーは、財布の中でも珍しい選択肢ですが、abrasusなら小さい財布である事と一緒に選べる色に加わります。

小さいと当然ながら色の面積が小さくなり、色の主張が抑えられるからです。

ダークグリーンはもっと珍しく、小さい財布なら選べる機会は限られますが、アブラサスはこの色も実用的に選べる色として用意されています。

他にもabrasusが誇る特徴的な色は、チョコとターコイズの組み合わせで、色鮮やかなターコイズが目を引きますし、男女ともに兼用出来る実用的な色として仕上げられています。


肝心のサイズですが、横9cmの縦6cmで、クレジットカード等とほぼ同等の寸法になります。


アブラサスは極限まで隙間が取り除かれたデザインなので、折り曲げた時に窮屈にならず、合理的なシルエットとなってポケットに収まります。

閉じる部分は、ワンボタンとシンプルな仕組みなので、お金を取り出したりしまったりする一連の動作がスムーズになります。

小さな財布が最も利点のアブラサスですが、意外な事に、開いた時の収納空間は広く、一種のマジックを見ているような感覚になってしまいます。

収納は錯覚や誤解ではなく、abrasusが実現する本物の収納サイズで、持ち歩くお金を十分に保管する事が出来るようになっているのです。

【abrAsusができるまで デザイナーの知恵×職人の技】

小さい財布『アブラサス・abrasus』の良いところ!

アブラサスの良いところは、手からはみ出ない絶妙なサイズ感と、無理なくポケットに収まる点にあります。

今はやたらカードの時代なので、カードをたくさん持ってる方も多いと思いますが、カードは約5枚入るように設計されています。

……でも、そんなんじゃあ全然足りないよー!

という方は、本当に必要なカードを整理してみて下さい。

私もそうでしたが、案外そんなもんで収まるはずです。


小銭は支払いで端数が出たり、丁度の支払いをしたい時に便利で、お釣りを受取る際はそのまま手の平からスッと収められます。

そして口が大きく開くので、小銭の中から一枚を選んだり、中身を確認したい時に役立ちます。


特に、お札は折らなくても収納可能なので、紙幣の折り目やシワが気になる人にはちょうどいいかもしれません。


材質は革で、耐久力のある作りになってますが、日頃から毎日使えば当然ながら傷が付いてしまいます。

その点abrasusはエンボス加工というのが施されているので、光沢感が抑えられていますし、傷が目立たず綺麗に使い続ける事が出来るようになっています。

革素材は本皮で、日本の天然牛革が使われているので、使う毎に味が出てきて、経年変化……エイジングを楽しむことが出来ます。

小さい財布を設計するデザイナーだけではなく、革を扱う職人の協力があってこそabrasusは存在しているので、実用品ながらも高品質な製品の完成度があります。

アブラサスは小さい財布なので、通常は存在感が薄れるのでは?

……と考えがちですが、そんなことは全然ありません。

ポケットから取り出した時に映るシルエット、手の平にある物に対する興味深さは他では得られない魅力を持っています。

各種のメディアに取り上げられる事が多く、目にしたり手に取る機会は少なくありませんが、誰が選んでも個性が得られるので、注目されるだけの価値が十分にあるでしょう。

男性にとって、“abrasusを持つ”……という利点は、懐から出す仕草がスマートで、見た目と共に実用感が優れている事です。

一方、カラーは限定されるものの、女性が選んでも違和感が発生したり無難に収まる事はなく、むしろ個性的で素敵な使用感が得られます。


アブラサスのもう一つの良いところは、女性向けのカラーが用意されている事で、高級感のあるパールアイボリー、可愛らしさが選べるプラム等が通常色以上にあるという点です。

そしてバッグに入れても邪魔にならず、ポケットの中でも存在感を失わない安心感があり、必要な問に手の平に取り出せば、いつでも小さな財布は実用的な財布に変わります。

小さい財布に興味を持ち、abrasusを手に入れて使い始めても、後から欠点に気がついたり、小さな特徴が使いにくさに発展するのでは?……と思われがちです。

この部分は使う人や使い方次第で決まりますが、特徴と利点を理解しておけば、アブラサスの価値を引き出す事が十分すぎるほど可能になるのではないでしょうか。

小さい財布『アブラサス・abrasus』の悪いところ!

小さい財布のabrasusは、その大きさが欠点になることはありませんが、手が大きい人でも扱えるシンプルさが評価に結び付いています。

ところが、軽くて小さい故に紛失する確率は高くなり、鞄の中に入れるのであれば、探す手間の時間が発生する事が短所になります。

注意点としては、小さい財布である事を忘れず、体に近いポケットに保管したり、ポケットのボタン等で飛び出さないように厳重管理する必要性があります(ちょっと大袈裟ですが……)。

表面は本皮なので、摩擦や傷に対する抵抗力はありますが、深い傷が付いてしまえば目立つ事になります。

この欠点は、革専用のクリームを用いたり、日頃から油分を与えるケアを行えば大丈夫です……が

でも私は、それは本革ならではのアジととらえてますので、ケアなんて全然してません(笑)

abrasusにカードの収納スペースはありますが、優先順位的には紙幣と貨幣よりも低いので、カードが主体の収納を求める場合には向かなくなります。

クレジットカードやポイントカードは、厚みがあって反りにくい樹脂製なので、無理に入れようとするとアブラサスが耐えられずに破損してしまう確率が高まるのです。

カードサイズによっては、収納自体が不可能なタイプも存在するので、大きさを良く確認しないといけません。

サイズ的に問題のないカードでも、取り出す時には一旦abrasusのボタンを外す必要があるので、小さいながらもワンアクションが増えてしまうのは欠点と言えば欠点です。

逆に収納する場合は、外からカードスペースに押し込むだけで済むので、引っかからずに入る快適な収納感が実感出来ます。

アブラサスは極端に小さい財布ですが、絶妙のバランス感を保っているので、殆ど普通に使う分には不満なく使えると言えるでしょう。

しかし、バブリーな時代の考え方を引きずってる人……

すなわちカードの収納枚数が重要であったり、小銭を沢山持ち歩きたかったり、紙幣を束で保管したい用途にはやや不向きです。

現金支払いの機会が多数を占めていたり、カードは最小限の所有で済ませる主義、貨幣はお釣りで受取る事が主体の場合には、この小さいアブラサスの財布は最適になります。

最大の長所である小ささは、使い方で短所になるポイントですが、用途さえ間違わなければ高い満足感が手に入るはずです。

重厚感を感じる素材ですが、使われている量は多くないので、軽くて重量の負担にならない点も優れています。

結局まとめてみると、欠点らしい欠点が無いというのが本音のところです。

小さい財布『アブラサス・abrasus』のラインアップ

では最後に小さい財布『アブラサス・abrasus』のラインアップをご紹介いたします。


■メンズ

小さい財布、アブラサスのメンズは全6色。

型押しされた革なので、傷が目立ちません。

丈夫で長持ち…ビジネスシーンでも活躍してくれます。

小さい財布『abrasus・アブラサス』【メンズ】の詳細・ご購入



■レディース

一方レディースは全7色。

中でも一際エレガントでシックなイメージのパールアイボリーやプラムが人気です。

小さい財布『abrasus・アブラサス』【レディース】の詳細・ご購入



■ブッテーロレザー

ブッテーロレザーはアブラサスの中でもイタリア産の革を使った最上級モデル。

キャメルとブラックのみの展開で、渋い雰囲気を醸し出しています。

小さい財布『abrasus・アブラサス』【ブッテーロレザー】の詳細・ご購入



■giacomo・Valentini

イタリアのオロビアンコのデザイナーであるジャコモ・ヴァレンティーニとコラボレーションしたモデルは、全部で3種類のツートンカラー使用です。

さりげなくジャコモ・ヴァレンティーニのサインが刻印されており、イタリアらしいカラーリングと柔らかな風合いが魅力です。

小さい財布『abrasus・アブラサス』【giacomo・Valentini】の詳細・ご購入



■ダンボーver.

よつばと!のキャラクター「ダンボー」とコラボした小さい財布がコチラ。

ヌメ革を使用して、キャラクターのイメージをそのまま再現しています。

小さい財布『abrasus・アブラサス』【ダンボーver.】の詳細・ご購入



■SHO KURASHINA

SHO KURASHINAはファッションデザイナーの倉科翔氏とコラボレーションしたモデルで、非常に鮮やかでインパクトのあるデザインが特徴。

全部で4種類のデザインがありますので、プレゼントにも最適です。

小さい財布にもファッションセンスを求める方に、ピッタリのアイテムと言えます。

小さい財布『SHO KURASHINA』【SHO KURASHINA】の詳細・ご購入



■Sugar Plus

小さい財布に可愛いさやキュートさを求める女性にお勧めしたいのがSugar Plusです。

カラーはシュガーピンクとアリスブルーノ2色展開。

ハトメの穴が開いてるので、どうぞお気に入りのチャームやストラップを付けてアレンジを楽しむことができます。

小さい財布『SHO KURASHINA』【Sugar Plus】の詳細・ご購入



■左利き用

アブラサスの凄さは、なっなんと左利き用まで用意されてるということです。

私にとって、とても大切なクライアントの人がいるのですが、その方が左利きなのです。

先日誕生日を迎え、小さい財布が欲しいと言ってたのでプレゼントとして贈ったら、もう、非常に使いやすいと喜んでお礼の電話がありました。

使いやすさの秘密は、財布の構造の左右が逆転してるところにあったのでした。

小さい財布『SHO KURASHINA』【左利き用】の詳細・ご購入


公式オンラインショップ

アブラサス/abrasus公式オンラインショップ【SUPER CLASSIC】



コチラもおすすめ!


【Coin Fold/BELLROY】

オーストラリア発の本革レザー財布ブランド、BELLROY/ベルロイの小さい財布「Coin Fold」。

存在感を出来るだけ抑えたコインポーチにより、全体的にすっきりとしたフォルムが魅力です。

素材の良さを活かしたシンプルなデザインで、ビジネスにも普段使いにも幅広く使えます。

日本でも首都圏のLOFT、東急ハンズやBEAMSなどでの取扱いも始まった、現在“要注目ブランド”です。

BELLROY/ベルロイの小さい財布「Coin Fold」はコチラ



■LINK